恋愛結婚の夫婦でも考えは違う

恋愛結婚の夫婦でも考えは違う

性はプライベートなことですが、性行為は二人いないと成立しないので夫婦の問題とクローズアップされることが良くあります。性行為が夫婦の義務だという前提の考えがあるからでしょう。

 

しかし、性交渉も人間関係の一つですから、義務的な考えを放棄して、新しく考えた方が真実に近づけると思います。

 

今の社会の中、多かれ少なかれ、義務を全うする人間関係を持っています。地域や近所付き合い、会社や学校などいろいろな人間関係が存在します。

 

こういう人間関係のすべてが気ままにやれる、というわけにはいかない社会となってしまいました。寧勝也仕事を続けていく上では、好き嫌いの感情を抜きに、関係を維持していかなければならないことも良くあります。

 

仕事などでは感情が入らない事務的な方が、かえって円滑に行くことが多いのかもしれませんが、社会的な人間関係を進めていく上では必要なことなのかもしれません。

 

ところが人間はこういったドライな人間関係だけではなく、お互いの気持ちが触れ合えるような親密な関係を持ちたくなることがあります。より親密でありたいという気持ちが特定に費地に向けられることで、友人から恋美地とに発展し、一緒に暮らしたくなり、そうやって夫婦になれば、恋愛結婚が成就します。

 

しかし、いくら夫婦でも二人の人間観には気持ちの持ち方や考え方に必ず違いがあります。セックスの感じ方にも違いがあり、それらを認め合っていかなければ、快適な性生活を送ることはできません。ですから心の通じ合ったカップルでも共同生活をする上で、責任や義務は発生するのです。