ピルとバイアグラ

ピルとバイアグラについて

男性の勃起不全治療薬バイアグラは、様ざまな背景があるにせよ申請からわずか半年という異例の速さで認可皿ました。

 

これに対してピルの認可は何とその10倍以上の時間がかかっているのです。

 

最初の申請は1990年に提出されました。その後1992年にはその審査が凍結され1997年には審査が再開されたもの結果はまた先延ばしとなり、1999年3月3日に9年間かかってやっと認可されました。そして1999年秋に販売開始となりました。

 

新薬が認可されるのには通常では2年ほどかかりますが、日本での審査は世界基準でも厳しいものが亜あるのですが、バイアグラに関して厚生省は日本での臨床試験を省略して、海外のデータを基準にして認可に踏み切りました。

 

バイアグラに関してはなぜそれほど早い時間で認可が下ろされることになったのでしょうか?そのわけは、海外でバイアグラが初めて登場した時の報道の方法に原因がありました。

 

その効果から多くの日本人男性もバイアグラに強い興味を示しました。そのために、個人で輸入してでもバイアグラがほしいという男性が数多く現れました。今ほどインターネットが普及していなかった時代でしたので、その人気に安価な偽物が出回るようになってしまったのです。そして死亡事故と言ういたたましい事件も起こりました。

 

そのためバイアグラの審査機関はこのまま承認を長引かせることより、この先同じ事件が起こり続けることを懸念して、流通を限定するということでバイアグラの認可を許可したのです。

 

もちろんバイアグラの認可をすれば、男性の性活動が活発化して性病が蔓延しやすくなる、などの懸念点がありましたが、それよりも裏で取引が行われることのないようにという狙いがありました。